タウン誌「深川」が運営する東京深川の地域情報サイト

いれたてのコーヒーも味わえちゃう
眺めのいい私設図書館「眺花亭」

墨田区千歳にあるマンションの一室に、隅田川が一望できるステキな私設図書館がある。オーナーは江東区文化観光ガイドとして活躍する渡辺信夫さん(71)。特注でつくってもらったという本棚には、趣味で集めた江戸、落語、音楽、江戸風俗などの書籍が約5,000冊。戦前のジャズの復刻CDなども揃っている。

公立図書館では、まず見掛けることのない東京市や旅館などが制作したガイドパンフレットもある

「本好きなら誰もが一度は考えるけれど、一度は脱サラして古本屋になることを夢見ましたが、甘くない現実を知りいったんは挫折しました」。その後、仕事の退職を機に両親が住んでいた部屋を改装し2009年に私設図書館をオープンした。

隅田川の眺めの良さと、「春のうららの隅田川…」でおなじみの童謡『花』から「眺花亭」と命名。蔵書は今となっては貴重なものも多く、最も古いのは明治16年『東京妓情』で花街を紹介したガイド本。また昭和30年発行『花柳界』創刊号には、都内各所の芸者衆の艶やかな写真や、富岡にあった鰻屋「宮川」の主人で随筆家の宮川曼魚の随筆なども収録されている。

渡辺信夫さん

「ボランティアガイドをする上で役立っている本も多いですよ。いつか読もうと思って買うけど、まだ読んでない本もたくさんあります。うちにいるとカミさんがうるさいから、ここは逃げ場なわけですよ」と笑う渡辺さん。
 渡辺さんのいれたコーヒーや紅茶をいただきながら読書を楽しむも良し、物知りな渡辺さんとのおしゃべりも楽しい。居心地も良く、時間の経過も忘れてしまいそう。

◎墨田区千歳1-1-6 両国マンション500号 TEL.090-1213-9804
※来館の際は事前に要連絡。入館料500円


※この記事はタウン誌「深川」262号に掲載したものです。

hachiman_banner
町ネタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タウン誌 深川WEB