タウン誌「深川」が運営する東京深川の地域情報サイト

深川をカラフルなパステル画に!自主グループが展覧会を開催

古石場文化センターで活動している自主グループ「自由に描くパステル画教室」の皆さんが、8月25日から5日間、江東区富岡のギャラリー百福で、深川をテーマにしたパステル画展を開催した。大横川、古石場川親水公園、木場公園など、四季折々の風景を色鮮やかに、やさしいタッチで描いている。

伊藤さん作「清澄公園」

「深川には絵になる場所がたくさんありますよ」とは、グループの責任者で牡丹二・三丁目の町会長でもある伊藤公雄さん(84)。定年後の65歳から絵を描きはじめて20年。伊藤さんのこだわりは、風景画に必ず人物を描き入れること。そうすることで絵に動きが出るという。

画材のパステルは粉末の顔料を棒状に固めたもので、指でぼかして濃淡をつけながら描けるのが特徴。ふんわりとしたパステル調から、油絵のような重厚感のある絵まで手軽に描くことができ、伊藤さんも「そこが一番の魅力」と語る。

現在、10人のメンバーが毎週金曜日に古石場文化センターで活動。年間9〜10作品を制作し、3月には同センターの成果展にも出品しているそう。興味のある方は古石場文化センターサイトへ。

伊藤公雄さん

※この記事はタウン誌「深川」268号に掲載したものです。

momo_banner
fudou_banner
町ネタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タウン誌 深川WEB