タウン誌「深川」が運営する東京深川の地域情報サイト

5月21日(土)開催 和太鼓で子どもたちの支援を!
葵太鼓がチャリティコンサートに出演

深川を拠点に活動している和太鼓グループ「深川富岡八幡 葵太鼓」が、5月21日(土)に「なかのZERO(西館)小ホール」で、チャリティコンサートに出演する。14時開演、参加費1000円。

コンサートのチラシを手に会長の滑川智大さん

このイベントは、社会還元グループ「六番町くらぶ」、学校法人トキワ松学園などが主催。貧困や食糧問題、児童虐待の増加などにより、きびしい環境に置かれている子どもたちの支援を目的に、2016年トキワ松学園(目黒区碑文谷)の会場からスタートし、今回で17回目。参加費と寄付金はすべて「認定NPО法人難民を助ける会」「ネグロス雙葉会」他、全4団体への支援にあてられる。

葵太鼓は1976年に富岡八幡宮の氏子で結成し、江戸三大祭りの一つ「深川八幡まつり」では、毎年演奏を奉納し深川の夏の風物詩に。また、地域の小中学生の太鼓指導を行ない、子どもたちの育成にも力を注ぐ。

和太鼓の響きに誘われてバロンも舞った

4月10日(日)には、骨董市で賑わう富岡八幡宮の鳥居前で、コンサートのチラシを配布しながら力強い太鼓を披露。演奏が始まると、同神社の境内でガムランとバリ舞踊を行なっていた深川バロン倶楽部の獅子バロンも飛び入り参加。和太鼓の演奏にあわせて舞を披露するなど、久しぶりにまちが活気にあふれた。

チャリティコンサートのチケット購入はチケットぴあ/Pコード211816へ。
【チケットぴあリンク】第17回チャリティコンサート「心揺さぶる和の響き-葵太鼓」


※この記事はタウン誌「深川」265号に掲載したものです。

イベント
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タウン誌 深川WEB