タウン誌「深川」が運営する東京深川の地域情報サイト

平野2丁目にスパイス・カフェ
「Spoon」2022年2月27日(日)オープン!

欧風カレーの手法で25種類以上のスパイスを使って作る、新しいスタイルの「第三のカレー(Curry3.0)」が楽しめるお店です。

「アートパラ深川」の実行委員仲間から試食内覧会のご案内をいただき、自慢のカレー5種と、カレーにあわせたオリジナルカクテルを堪能してきました!

広々と居心地の良い店内

店内はかつて木材倉庫だったそうで、広々として天井が高い気持ちの良い空間。中央には一風変わった暖炉もありました。

お店のイチオシは、洋風おでんの出汁を使った挽肉のキーマカレー「えくぼカレー」(1,100円)。コクも旨味もたっぷりで、辛さ控えめです。

洋風おでんの出汁を使った「えくぼカレー」。挽肉は総州三元豚白王を使用、野菜から染み出たお出汁とお肉の旨味が凝縮された至極の逸品

実はこのお店を運営しているDimple株式会社は、銀座で創作和食「別亭えくぼ」と紹介制BARも経営。メイン料理の洋風おでんの出汁を使ったカレーをメニューにしたところ大評判となり、1年以上かけてカレーのルゥーを開発したそうです。

自慢の5種類のカレー。「牛すじカレー」と「グリーンカレー」は時期によって変更になる場合もあり。最終的には8種類くらいまで増やしたいのだとか

他にも、リンゴ・バナナ・パイナップル・マンゴーなどを使った「幻のフルーツカレー」(1,200円)、フルーツカレーにスパイスをさらに調合した辛旨「スパイスカレー」(1,300円)、やわらかな弾力がたまらない牛すじ肉たっぷりの「牛すじカレー」(1,200円)、ココナッツの香りが口いっぱいに広がる「グリーンカレー」(1,200円)があります。

CAP:「お好きなスプーンをお選びください」と店員さん。「スプーン1杯の幸せ」をテーマにカレーと笑顔と幸せをつくるカフェを目指しているそうです

個人的には「幻のフルーツカレー」に衝撃を受けました!フルーツを丁寧に裏ごししているため、スープのようななめらかな舌ざわり。小さなお子様にもピッタリです!

こちらはドリンクメニュー。この他、オリジナルカクテルもあります!

お店でいただく際は、それぞれのカレーと相性抜群のオリジナルカクテルも用意されているので、ぜひお試しを。相乗効果でカレーがより美味しくなりますヨ。

テイクアウトメニュー。おうちでも楽しめますよ!

もちろん、テイクアウトも行なっています!

ルゥーをその場で量り売り、真空パックの状態で持ち帰れます。100gから詰めてくれるので、お茶碗一杯分だけ…も可能。キャンプやバーベキューなどにも持参しやすく、値段もリーズナブルなのが何よりうれしいですネ。

量り売り「生カレー」は真空パックに詰めてくれます

◎「Spoon」江東区平野2-13-3 【公式ホームページ】https://www.spoon-kiyosumi.com/

hachiman_banner
町ネタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タウン誌 深川WEB