タウン誌「深川」が運営する東京深川の地域情報サイト

タウン誌 深川 2021年9-10月号 No.261

特集】釣って、食べて、学ぶ「江戸前はぜ」

江東区内の運河ならどこにでもいる「ハゼ」。目がギョロギョロ、大きな口は食いしん坊のあかし。7月~10月のシーズン中は横十間川や小名木川、旧中川などで陸釣りや、釣り船に乗ってお台場周辺でもハゼ釣りを楽しむことができる。

ハゼは食べても美味しく、江戸前のハゼは天ぷらにすると最高の味わい。ひと昔前の深川では束釣りしたハゼをお正月の昆布巻きや雑煮の出汁にも使っていたとか。お金を出して食べる魚じゃないともいわれたハゼも、今は市場では高級魚として扱われている。
そんな知っているようで知らない、ハゼの魅力を再発見してみよう!

発行日 2021年8月30日
仕 様 A5サイズ/64頁
定 価 ¥330(税込)

CONTNTS

【連載】深川日々の叙景 大西みつぐ「タイムマシンに誘われて」
江東区高橋で生まれた写真家・大西みつぐさんが写し出す深川の情景とエッセイ。

【連載】まちは人となり。
『風の街』に込めた、この街の心地よさ
シンガーソングライター 光永亮太さん

創刊からの本誌テーマをそのままタイトルに、まちを創り上げている人々をタウン誌ならではの視点で紹介。今回ご登場の亮太さんはデビュー曲『Always』が約40万枚の大ヒットした後、生まれ育った深川で音楽活動やラジオパーソナリティとして活躍。さらに地元、仲一睦会のメンバー。2021年7月28日にはふるさと深川への想いを込めた『風の街』をリリース。この街の心地よさを語っていただきました!

【Music Video】https://www.youtube.com/watch?v=Vu4RpJyFzO8
【配信先はコチラ】https://linkco.re/rNVXt9ye

【連載】明日できること今日はせず「いろはに十二階
【文・写真/石塚公昭】江東区在住の人形作家・石塚さんの何気ない日々のフォトエッセイ。
/【石塚公昭ブログ】https://blog.goo.ne.jp/diaghilev

フジゴルフセンターで個人レッスン♪「ミドル女子のGOLF体験入門」
最近ゴルフがブームで、なんと70代から始める人もいるとか。ウン十年も運動していない50歳目前のミドル女子が、フジゴルフセンターの個人レッスンに初挑戦。片山純一プロの約20分間にわたる指導でどこまで上達できるのか!?

【連載】おうちごはんの幸せマリアージュ
「スパークリング&前菜オードブルお取り寄せ編」
【文/(株)三栄堂・渡辺宏子】ソムリエ・エクセレンスの宏子さんが綴る、ワインと料理のマリアージュ。おうち時間をおいしいワインと料理で幸せな時間に!

【連載】銀の輔 街かどモノがたり「水を浴びたい木場3丁目のお神輿
【文・写真/高野ひろし】路上ペンギン写真家&物書きの高野ひろしさんのエッセイ。ペンギンの「銀の輔」がまちの中に置き去りにされたモノ、忘れ去られたモノなどと出会い、交流するほのぼのエッセイです。/【高野ひろしHP】http://shiosenbe.boo.jp

【連載】こうとう江戸図絵ヒストリー 
明治13年(1880)小林清親画「五本松雨月」
【文・久染健夫】江東区にまつわる浮世絵から当時の街の様子や歴史的背景などを郷土史研究者・久染さんが紐解きます。

連載】沖山 潤の気ままに風景漫画
【イラスト・沖山潤】亀戸在住の風景漫画家・沖山さんが、まちの風景を漫画タッチで描きます。/【沖山 潤HP】http://okiyama.is-decent.com/profile.html

メンバーズアラカルト/屋号ものがたり/路地裏かわら版/イベントガイド/ことば探しクイズ/深川協賛会員ラインナップ/編集こぼれ話/深川協賛会員マップ/編集はみだしスナップショット