タウン誌「深川」が運営する東京深川の地域情報サイト

民謡の楽しさを伝えたい。お店で歌声を披露する美つるさん

大好きな民謡の魅力を下町深川にも根付かせたい…。そんな思いを胸に、深川界隈の飲食店で歌声を披露しているのは、東陽町在住の美つるさん。

民謡とは日本各地で歌い継がれてきた郷土色豊かな歌で、主に祭りやおめでたい席などで歌われることが多い。その数は全国に5万曲以上とされる。

「民謡は格式ばって歌うよりも、飲んでいる席で楽しく歌うのがおすすめ」とは、美つるさん。とくに秋田民謡が好きで、レパートリーは30曲以上とか。

美つるさんと「男鹿半島」店主の堀さん

美つるさんが民謡を始めたきっかけは20歳のときにスペイン留学した際、日本文化を知らない自分に後悔したこと。新潟県から上京後、子どもの頃から身近だった民謡を習い始めた。

以来、仕事をしながら稽古を重ね今年で8年目。今では芸者衆との舞台や地域イベントなどにも出演している。

1年ほど前からは、飲食店でも三味線を片手に歌声を披露。牡丹3丁目にある秋田料理『男鹿半島』にも知人の紹介で通うようになった。

「一生懸命だから応援してますよ」とは、店主の堀騰さん。お客様からリクエストがあった時は、店内で歌ってもらっているのだという。

美つるさんは「お店では聞くだけでなく、一緒に歌っていただけたらうれしい」と話していた。美つるさんへの問い合わせはメールで。
mitsuru.fukagawa@gmail.com


※この記事はタウン誌「深川」270号に掲載したものです。

momo_banner
fukagawa7_banner
町ネタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タウン誌 深川WEB