タウン誌「深川」が運営する東京深川の地域情報サイト

令和3年に延期された「深川八幡祭り」が中止へ。次回の本祭りは令和5年8月に開催予定

 2021年3月15日(月)、富岡八幡宮で氏子町会長会議・参与会が開かれ、今年8月に開催予定だった「深川八幡祭り」本祭りの中止が決定した。

 深川八幡祭りは富岡八幡宮の例大祭(8月15日)で、3年に一度の本祭りでは御鳳輦巡行と、町内神輿53基による神輿連合渡御が行なわれる。昨年が本祭りの年だったが、新型コロナウイルスの影響で1年延期となっていた。

中止が決まったことで今年は陰祭りとなり、町内巡行も含めてお神輿の渡御は行なわない。神事である例祭(8月15日)と神賑行事(奉納行事)に関しては行なう予定だが、神賑行事については直前の感染状況によっては中止となる場合もある。次回の本祭りは令和5(2023年)年8月に開催する予定だ。

 「大変残念です。今は令和5年に行なわれる本祭りが良いお祭りとなりますように、という事に尽きます」とは、同神社の丸山聡一宮司。本祭りの開催年が元に戻り、来年は「子供神輿連合」の年となるが、丸山宮司は「来年については今秋から相談を始めていきたい」と話している。

 また、神輿連合渡御を運営する神輿総代連合会の山﨑修会長は「連合会としては皆様方の判断で本祭りを行なうのであれば、全力を尽くしますとお伝えしましたが、個人的には今年は中止にして、本祭りのスケジュールを元に戻してはどうかとお話ししました」という。

 会議では二ノ宮神輿渡御を行なうなどの意見もあったが、多くの出席者は中止に賛同。「神輿については連合会が全責任を持つことになります。ワクチン接種も遅れていますし、感染者を出して八幡様にご迷惑をかけるわけにはいきません。楽しみにしていた方もいると思いますが、再来年の本祭りは皆さんが楽しめる祭りになれば」と語っていた。

富岡八幡宮 江東区富岡1-20-3 TEL.03-3642-1315