タウン誌 深川 2016年9・10月号 No.232

特集「江戸の水運 小名木川・深川から日本橋へ」江戸時代、大都市江戸に物資を運ぶために開削された小名木川。塩業が盛んだった行徳から江戸に塩を運ぶための「塩の道」ともいわれているが、それだけではなかった。

江戸近郊のターミナル的な存在だった行徳には、関東一円や東北から様々な荷物が集まり、小名木川を通じて、日本橋小網町にあった行徳河岸まで直通で結んでいた。

観光船で賑わう日本橋から深川、そして船番所が置かれていた中川口をめぐりながら、深川と日本橋のつながりを探ってみよう。

発 行 日 2016年8月25日
仕  様 A5サイズ/64頁
定  価 ¥300+税

戻る>