タウン誌「深川」が運営する東京深川の地域情報サイト

9月16日より「アートパラ in 豊洲」が開催!

本日9月16日から「アートパラ in 豊洲」が開催! 障がいのあるアーティストの絵画を街中に展示し、豊洲の街をまるごと美術館にしちゃおうという市民芸術祭です。なんと、なんと、200点を超える作品が展示されているそうです。

豊洲公園の展示風景

3年目を迎えた今年は豊洲でも開催することに。初日の今日、豊洲IHIビル1階アトリウムでは深川福住太鼓の和太鼓演奏を合図にキックオフイベントを開催。公募展「アートパラ深川大賞2022」の大賞と準大賞が発表されました。今年はなんと547点もの作品が寄せられたそうです!

キックオフイベントを盛り上げた深川福住太鼓のみなさん

大賞を受賞した有田京子さん(1990年生まれ)は大阪府出身で、13年前から制作活動を始められました。ペンで細かい点を打つ「点描」が特徴で、パンフレットや図鑑から絵のモチーフを選ぶことが多いそうです。

「アートパラ深川大賞2022」の審査委員を務めた華道家の假屋崎省吾さん。作品左から準大賞「戦うな、恋をせよ!」奥亀屋一慶さん、大賞「南海本線車両の色」有田京子さん、準大賞「ゾウとキリン」山崎利之さん

明日17日(土)から、アーバンドックららぽーと豊洲1階センターポートで、有田さんの作品をはじめ上位入賞・入選作品を展示(展示はジグレー版画)。お見逃しなく!

車椅子ダンサーのかんばらけんたさん

応援パフォーマンスを披露したのは、東京パラリンピックの開会式にも出演した車椅子ダンサー・かんばらけんたさん。車椅子の上で逆立ちしたり、タイヤに乗ってくるくる回ったりと、圧巻のパフォーマンスでした。

左から松島直子実行委員長、為末大さん、かんばらけんたさん

また、400mハードル日本記録保持者で世界陸上において2度銅メダルを獲得した為末大さんとかんばらさんのトークショーなども行なわれました。

春海橋公園

キックオフイベントのフィナーレは実行委員のみなさんがポリバケツにガムテープを貼った太鼓を持って登場。10月16日(日)に「アートパラ深川」イベントとして、森下にある「のらくろード商店街」でこのポリバケツ太鼓も大活躍する、ロックンロールバンド・サルサガムテープのライブが開催される予定。

「アートパラ in 豊洲」は9月19日(月・祝)まで開催。アーバンドックららぽーと豊洲(17日~)、豊洲公園、豊洲ぐるり公園などで展示しています。公園の緑や雄大な水辺の風景に溶け込んだすばらしいアートの数々を楽しみましょう! 

ブランズタワー豊洲とダイエー豊洲店の間の公開空地

【公式サイト】アートパラ深川おしゃべりな芸術祭

イベント
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タウン誌 深川WEB