最新号のご案内

最新号のご案内

特集
江戸から続く力自慢
「深川の力持」

江戸時代、堀や蔵に囲まれた深川佐賀町には、船荷の米俵などを人力で運ぶ荷役人が数多くいた。彼らは身ひとつで一俵60kgもある米俵をいくつも担いで運ぶため、100kg以上もある力石を担いだり差し上げたりすることで筋力を鍛え、力自慢を誇りとした。この余技として始まったのが、伝統芸能「深川の力持」。そんな力持の歴史と魅力を探ってみた。

2019年10月25日 発行(No.251)
誌面サイズ:A5サイズ/64頁

【連載】深川日々の叙景 大西みつぐ
「伝統、繋ぐ時」

江東区高橋で生まれた写真家・大西みつぐさんが写し出す深川の情景とエッセイ。

【連載】まちは人となり。
「多様で個性的な障がい者アートの魅力と驚きを知ってほしい」
ソーシャルデザイナー・グラフィックデザイナー 福島 治さん

創刊からの本誌テーマをそのままタイトルに、まちを創り上げている人々をタウン誌ならではの視点で紹介。商業デザイナーからソーシャルデザイナーに転向し、障がい者アートや被災者支援など、世界中の様々な社会問題をデザインの力で問題解決する福島さんの登場です!

【連載】明日できること今日はせず「引っ越し」

【文・写真/石塚公昭】江東区木場在住の人形作家・石塚さんの何気ない日々のフォトエッセイ。
石塚公昭ホームページ/http://kimiaki.sakura.ne.jp

深川ゆかりの地を訪ねて 出流山満願寺参りへ

富岡八幡宮神輿総代連合会が栃木県出流山に毎年お参りに行くと聞き同行取材。なぜお参りに行くようになったのかを探ってみました。

【連載】銀の輔 街かどモノがたり
「引退後は植木鉢になった千田の羽釜」

【文・写真/高野ひろし】路上ペンギン写真家&物書きの高野ひろしさんのエッセイ。ペンギンの「銀の輔」がまちの中に置き去りにされたモノ、忘れ去られたモノなどと出会い、交流するほのぼのエッセイです。植木鉢に生まれ変わった年季の入った羽釜と銀ちゃんは出合いました。 高野ひろしホームページ/http://shiosenbe.boo.jp

【連載】こうとう江戸図絵ヒストリー
諸国名橋奇覧 葛飾北斎画「かめゐど天神たいこばし」

【文・久染健夫】江東区にまつわる浮世絵から当時の街の様子や歴史的背景などを中川船番所資料館・学芸員の久染さんが紐解きます。広重が描いた鷹が舞う有名な浮世絵の登場です。絵に隠された当時の歴史を分かりやすく解説。 中川船番所資料館ホームページ/https://www.kcf.or.jp/nakagawa/

【連載】沖山 潤の気ままに芭蕉風景漫画
「富 山 湯」(江東区亀戸)

【イラスト・沖山潤】亀戸在住の風景漫画家・沖山さんが、まちの風景を漫画タッチで描きます。

この他、路地裏かわら版/メンバーズあらかると/忘年会情報など盛り沢山!

タウン誌「深川」は協賛会員店舗で無料で入手できるほか、書店でも販売しております。取扱店一覧はこちらをご覧ください。

”毎号欠かさず読みたい”という方には定期購読も承っております。詳細はこちらをご覧下さい。

fukagawa_banner