【写真展】「100+20人の東京2019-2020~South編~」2020.7/9~9/17

   


ギャラリーエークワッド(江東区新砂)で7月9日(木)~9月17日(木)、-人・建築・都市を記憶する-レンズ付フィルムによる写真展「100+20人の東京2019-2020~South編~」を開催。

North編の展覧会場風景 撮影:光齋昇馬

レンズ付フィルム「写ルンです」でアナログフィルムの魅力を体感しながら、時代とともに変遷する街並みの中で、人々の営みと共に大切にされてきた風景や建築を市民目線で撮影し、記憶に留めようという実験的なイベントで2006年からスタート。これまで東京駅、浅草、東京タワー、築地、上野、深川、日本橋、本郷など都内8か所の姿を記録・紹介してきた。

今回はその集大成として2019年、2020年の2年連続で「東京」の心に残る建築や風景を、市民の目線を通して探し、紹介。公募により集まった100人の一般参加者とエークワッドが招聘した写真家・博物学者・芸術家・ダンサーといった20人の著名人が、東京の南エリアを撮影した。

South編の参加者が「写ルンです」で撮影した写真

展覧会では写真紹介のほか、建築をピックアップした「TOKYO120選たてものMAP」、東京の魅力を様々なデータで多角的に分析した「東京サーベイ」などの資料も紹介。さらに建築100選に深川・砂町エリアのおすすめスポットなどを加えたオリジナルガイドマップを発行予定。

会 場:ギャラリーエークワッド
江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1F
休館日:土曜・日曜・祝日、8/8~8/16 ※7/18・8/22・9/12は開館
入館料:無料
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間や入場方法は検討中。最新の情報は公式サイトをご確認ください。http://www.a-quad.jp/index.html


 - NEW POST, NEW POST, イベント