【本日発行】タウン誌「深川」254号!

   


お待たせいたしました。1ヶ月ちょっと遅れて「深川」254号を発行しました。
6・7・8月の合併号です!表紙は涼しげな金魚のイラスト。

深川といえば江戸時代から「木場」が有名ですが、特集は明治時代に東京の金魚養殖の中心地だったという歴史と、金魚養殖の名人といわれた「秋山吉五郎」について。そして江戸川区の堀口養魚場さんを取材しました。秋山吉五郎は深川ゆかりの人でもある渋沢栄一とつながりがあり、お濠の鯉を放魚したエピソードなども紹介しています。

連載「まち・ひと・めぐり」は三好一丁目。小さな町ですが町内に12もお寺がある寺町。取材当時(3月)は町会長もお寺のご住職。宗派を超えた深川51か寺で組織する深川仏教会の会長や、おしゃれなフラワーデザイナーの青年会長、リトルトーキョー、大岡越前守公認の酒屋さん、露天風呂のある銭湯などなど、魅力的な人たちがたくさん登場してくれました!

この他にもテイクアウト情報をはじめ、まちやお店の話題、アマチュア合唱団とオーケストラを35年も指導する指揮者・土田政昭さんのインタビューまで、小さな本に情報をぎゅうぎゅうに詰め込みました。

書店販売(330円)の他、協賛会員店では無料で入手できますので、ぜひぜひご覧ください!
★入手方法はこちら
https://fukagawa-web.com/magazine/guide1/


 - インフォメーション, タウン誌深川