タウン誌 深川 2020年3-4月(NO.253)号発行!

   


特集1 市場の食を満喫 江戸前場下町がオープン
1月24日、豊洲市場エリアの一角に観光商業施設「江戸前場下町」がオープン。市場の味を活かした食処や専門店、インバウンド向けのお土産などがずらり21店。地元の商店街のような感覚で気軽に利用してみよう!

特集2 聖火が江東区にやってくる!
東京オリンピック開幕まで約5ヵ月。江東区内での聖火リレーの日程とルートが発表になった。富岡八幡宮で出発式を行なった後、スポーツの神様で有名な亀戸の香取神社までの約7㎞を複数の聖火ランナーが交代で走る。今からルートをチェックして、聖火リレー当日は沿道へゴー!

この他、『連載/まちは人となり』では富岡八幡宮の参道にオープンした「季華」のオーナー・小堀さんをインタビュー、『連載/まち・ひと・めぐり』は「永代二丁目」をぐるっと人めぐり。

※タウン誌「深川」は区内の一部書店で販売のほか、協賛会員店では無料で入手できます。是非協賛会員店をご利用ください。
入手方法はこちらをご参照ください


 - お知らせ, タウン誌深川