タウン誌 深川 11-12月号 本日発行です

   


 

◆特集は「とことん!萬年橋」

年末号ということで、赤穂浪士も渡った「萬年橋」を特集!
徳川家康が開削した小名木川に架かる萬年橋。江戸初期には川船番所が置かれ、松尾芭蕉が暮らした芭蕉庵もこの橋の袂にありました。また、吉良邸に討ち入った赤穂浪士四十七士もこの橋を渡り、北斎や広重といった絵師はこの橋を描きました。長い間、まちの移り変わりを見守ってきた萬年橋の歴史を探りながら歩いてみよう!

その他、連載「まちは人となり。」では、
パラノルディックスキー日本代表監督  荒井 秀樹さんにご登場頂きました。

連載「まち・ひと・めぐり」は「白河二丁目」を人めぐり!

※タウン誌「深川」は区内の一部書店で販売のほか、協賛会員店では無料で入手できます。
入手方法はこちらをご参照ください


 - お知らせ, タウン誌深川