タウン誌深川 夏のおすすめ!( 7・8月協賛会員情報)

      2018/08/24


色とりどりの具材に大満足「冷やし」

2種類のそば粉をブレンドして麺打ちする蕎麦はシコシコとした食感がたまらない。「冷やし」(そば・うどん各1,188円)は山菜や椎茸、ハムやコーンなど8種の具材入り。年中味わえる定番メニューの一つ。
純手打そば・うどん『深川しまだ』(富岡1)

 

女子に人気の「三昧そば」

季節に合わせて、全国各地産のそば粉を使って手打ちするそばは香りが違う。女子に人気なのが「三昧そば」(1,500円)。朱塗りの可愛い器におろし大根、天ぷら、とろろの3色が一度に楽しめる。夏はシソの葉を打ちこんだ「しそ切そば」も人気メニュー。
そば料理『長寿庵蕎匠』(平野1)

 

食欲のない日は「冷やかけそば」

出汁の効いた冷たいつゆに、そばの実、なめこおろし、とろろ昆布、すだちで仕上げたさわやかな味の「そばの実なめこおろしの冷やかけそば」。17種ある特製薬味で味の変化も楽しめる。平日ランチのみプラス300円でミニ丼がつけられる。
手打ちそば・うどん『萬寿庵』(富岡1)

 

下町風情を残した店で桜なべに舌づつみ

桜なべといえばこの店。昭和初期の建物をそのまま残す〝入れ込み式”の貴重な店づくり。桜なべは独自の合せ味噌だれとしょう油ベースの割り下でいただく関東風すき焼き(2,200円〜)。馬肉は高たんぱく、低カロリーのスタミナ食。夏バテ防止に効果的。※8月6日(月)〜13日(月)は夏期休業。
桜なべ『みの家』(森下2)

 

7月末まで「生酒まつり」開催!

きりっと冷えた生酒が美味しい季節。日本酒本来の風味とフレッシュな香りが楽しめ、飲みやすく女子にも人気!純米大吟醸「梵 純粋」など全国各地の銘酒も多数揃っている。日本酒と相性抜群の魚料理で夏の夜を愉しみましょ!
いけす道場『魚家』深川1号店(東陽2)

 

焼き菓子・クッキー全品20%0FF! 8月8日(水)〜10日(祝)

路地裏の小さな可愛いケーキ屋さん。この道一筋に約32年。毎年の夏には、日ごろの感謝を込めて手づくり焼菓子やクッキーに限りセール開催! 帰省みやげやちょっとした手みやげに詰合せが好評。夏はひんやり冷たいフルーツのゼリーやムースも一押し。
◎ケーキ・焼き菓子『いちご亭』(猿江2)

 

モダンなメモリアル関連品が勢揃い

手元供養のミニ骨壺やアクセサリー、インテリア仏壇などメモリアル関連のモダンな商品揃い。 普段使いできそうな盆提灯、「故人の好物シリーズ」のローソクや苺・メロンなど甘い香りの線香などは眼からウロコ! インテリアショップ感覚で気軽にのぞいてみましょ。
ショップ&ギャラリー『メモリアルスタイル 想いの時』(富岡1)

 

お酒のアテに「おつまみ揚げ」

毎日、その日の分だけ手づくりするさつま揚げは軽く炙ってお酒のアテに! 夏限定の「おつまみ揚げ」は4種各2個入り(518円)。子どものおやつにも人気。カレー味「黄金揚げ」も好評。(お盆前後2週間休み)
おでん種『美好』(深川資料館通り)

 

ふんわり、シャリッと「かき氷」

しゃりしゃり食感がたまらないかき氷。種類も豊富で迷ってしまう。中でも人気は高級抹茶のほろ苦さと餡がよくマッチした「氷宇治金時」(790円)。好みのかき氷に自家製の杏子・白玉・餡などトッピングも楽しめる。
甘味処『いり江』(門前仲町2)

 

ガーデンプールオープン!7月6日(金)〜9月9日(日)

19世紀初頭のヨーロッパの貴族庭園をイメージして作られたガーデンプール。メインプールと直線プール、4箇所の温水ジャグジー、カフェもオープン。インスタ映えするプールとしても評判。
『ホテルイースト21東京』(東陽6)

 

ビューティーポートレート 貴女を美しくプロデュース

年齢を重ねた今だからこそカッコよく、気品を備えた美しい姿を写真に残しませんか。友人やご夫婦での撮影もOK。記念日や誕生日、還暦や喜寿などのお祝いに。一般3万円。ドレス(1着)+ヘアメイク+写真撮影+3ポーズ(CDデータ)。7・8月限定予約制(撮影は平日のみ)。
『アンフェリシオン』(亀戸1)

 

光明寺からのお知らせ

「写教の会」〜教えの言葉を書写しましょう〜
浄土真宗の法要や盆彼岸のお勤めに用いられる「正信偈(しょうしんげ)」を書写しましょう。
◎7月18日(水)・8月8日(水)/14時〜17時(出入り自由)/無料
(書道具または筆ペン・鉛筆など持参)※要申込

「光明寺同朋の会」(法話の会)〜「正信偈」には何が書かれているの?〜
◎7月28日(土)・8月25日(土) /14時〜16時30分(お勤め、法話、茶話会)、参加費500円(初回テキスト代600円)※要申込
浄土真宗『光明寺』(千田9)

 

内科・消化器内科「森崎医院」
地元で開院三代目 佐々木  佑 院長

祖父の代から現在地で両親の跡を継ぎ三代目になる佐々木佑先生。結婚出産を機に夫で医師の佐々木大雅先生が週2回サポートしている。「夏はとくに水分の補給と室温の管理に注意してください。食中毒の患者さんが多くなるので、食品の管理も大切ですね。不調を感じたら無理をせずに早めにご相談ください」と笑顔でアドバイスしてくれた。「地域に支えられ地域に貢献する」をモットーに、かかりつけ医院として健康よろず相談や胃カメラ対応も上手と評判の医院でもある。
内科・消化器内科『森崎医院』(東陽4)

 

※この記事はタウン誌「深川」243号に掲載したものです。料金などは変更になる場合がございます。


 - お知らせ, メンバーズ