世界でオンリーワンのミュージカル落語!

   


世界でオンリーワンのミュージカル落語
三遊亭究斗さんと東京吹奏楽団がコラボ

落語家の三遊亭究斗さん(54)とプロの吹奏楽団・東京吹奏楽団が3月28日(水)19時、深川江戸資料館小劇場でミュージカル落語「オペラ座の怪人」を上演する。

三遊亭究斗さんは劇団四季に10年間在団経験がある異色の落語家。落語家に転身後の2004年から「ミュージカル落語」の世界を新開拓。『ライオンと王様』『アラジンと魔法のランプ』『空海』『芝浜』といったミュージカル作品から古典落語までを題材に、自らが作や構成、選曲、作詞をつけている。

「怪人の生い立ちからオペラ座での愛と葛藤を、笑いを入れながらも切なく、オペラのアリアで綴った物語。『オペラ座の怪人』の作曲家ロイドウェバーとは違う、あっという結末と感動が待っています」と究斗さん。

東京吹奏楽団の音楽にのせ、落語の要素を取り入れながら究斗さんが語り歌う舞台はまったく新しいエンターテインメント。笑いと感動をよぶ圧巻の舞台をお見逃しなく。

○深川江戸資料館小劇場(江東区白河1-3-28)
入場料金:一般3.900円 小学生1,000円(全席自由・当日500円増)
*未就学児の入場不可。

※チケットはローソンチケット(TEL.0570-000-407)
または東京吹奏楽団ホームページへ。http://tousui.luna.weblife.me/ticket/Operaza.html


 - イベント, お知らせ