2017.9-10月メンバーズあらかると

   


常連さんが心待ちの「かきそば」

9月なると御膳粉にキクの花びらを打ち込んだ「きく切そば」がメニューに登場。10月からは広島県地御前直送のふっくらとした大牡蠣使用の「かきそば」(1,600円)が大人気。魚沼直送の芳香な舞茸の天ぷらをも絶品だ。
そば料理『長寿庵 蕎匠』

 

江戸っ子好みの「カレーそば」

石臼挽のそば粉を職人が丁寧に手打ちにこだわる蕎麦にくわえて、オリジナル生唐辛子、6種の山椒、1〜10味の薬味を揃えておもてなし。秋からのおススメは「カレーそば」( 1,170円)。自慢のもり汁を使ったコクのある深い味わい。
石臼挽・手打そば・うどん『萬寿庵』

 

下町らしい雰囲気です。気軽にどうぞ!

店先でその日の分だけ手打する秋の新そばは、香りと喉越しを楽しみたい。有頭海老・キスに季節の野菜5種類の「天せいろそば」(1,728円)がおススメ。ちょいと一杯!のお客さまにも人気のメニュー。夜は気の利いた居酒屋メニューも数多い。
純手打・うどん・そば『深川しまだ』

 

ホテル一押しランチはカレーセット

ホテル2階のレストラン「花野菜」は、ゆったりとランチが楽しめる穴場として女性にも大人気。ハンバーグなどの日替わりセットをはじめ、パスタやカレーなど全メニューが、スープ・野菜・デザートにソフトドリンクバー付きで何と1,000円。美味しさとボリューム満点で大満足! 中でも手間暇かけてじっくり仕上げたビーフカレー・野菜カレーは、まろやかさにピリッと辛さが残るホテル自慢のひと皿。月〜土曜日の11:30〜13:30(L・O)。
◆『デイナイスホテル東京』

 

カラオケファンに愛され38年目!

あえて、昭和の雰囲気を残す店内は昼カラタイムから熟年男女のオアシスとして親しまれている。因みに、夜タイムでよく歌われている曲は「天城越え」、「糸」、「門前仲町ブルース」など。デュエット曲では「北空港」、「居酒屋」、「銀恋」と思い出深く、懐かしい歌ばかり。あなたも十八番を歌いませんか。
カラオケスナック『ちゃんねる'80』

 

黄色素があなたや家族の目を守る!サプリメント「ルテイン」

あなたの眼に「ルテイン」足りてますか?今話題のルテインは、眼がもっている黄色い色素で、紫外線やブルーライトなどの強い光から眼の細胞をサポート。「パソコンやスマホを使って眼の調子が気になる、老後の眼の健康のために対策を探している」そんなあなたにおススメ(4,320円)。
『三木青雲堂薬局』

 

「お酒と会話を楽しむ」オーセンティックバー

銀座『オーパ』の姉妹店として門仲にオープンして16年目。これまで国内外のバーテンダー技能競技大会では数々の優秀賞を受賞したバーテンダーたちを輩出している店でもある。門仲店は岩本優志店長、屋良朝繁さんはじめフレッシュな3名のスタッフが出迎えてくれる。「気軽にくつろいでいただけるよう、心掛けています」とは沖縄出身の屋良さん。初秋のおすすめは新生姜の香り豊かなウォッカベースのカクテル「モスコミュール」(1,300円)や旬のフレッシュフルーツカクテル(1,400円〜)。こだわりのフードメニューは自家製のビーフジャーキーやピクルスなどが人気。午前3時までオープンなので、仕事帰りに立ち寄ってみてはいかが。
BAR『オーパ』

 

※この記事はタウン誌「深川」238号に掲載したものです。料金などは変更になる場合がございます。


 - お知らせ, メンバーズ